バイク王を利用して分かった本当の口コミ
*
バイク王を利用して分かった本当の口コミ > バイク王について > 高く売れるバイクとは?カスタムはマイナス査定?

高く売れるバイクとは?カスタムはマイナス査定?

高く売れるバイクとは?

 

バイクを売るなら少しでも高く売りたいと誰もが思うものです。しかし、バイクが高く売れるかどうかは、まず売却する車両の人気が大きく絡んできます。

 

これは買取る側のバイク王の立場になって考えると分かりやすいのですが、在庫として保有した時にすぐに売れてしまうバイクなら高値が付きますし、あまり在庫が動かないバイクは安くなります。もちろん、工業製品ですから年式が新しく走行距離が少ない等、新品に近い方が良いのは確かです。

 

しかし「人気車種」である事はバイクを売却する上で非常に大きなポイントになります。近年で言うと、250ccクラスのフルカウル車(CBR250R、Ninja250、YZF-R25等)はどれも人気です。

 

さらにポイントになるのが「限定カラー」や「限定パーツ」を施されたバイクです。

 

一般社会において数量限定で販売されるものが、希少価値によってプレミア価格になるように、バイクもメーカーが数量限定で販売したバイクは、流通が少ないことから通常より高い価格で取引されるケースが多いです。当然、バイク王でもこれらの希少性が高いバイクは高値で買取られる可能性が高いです。

 

カスタムパーツはバラして単体で売るべき

カスタムに関してですが、これは自動車でもバイクでも同じで、あまり査定に良い影響を与えません。何故なら、カスタムというのはパーツにオーナーの趣味や嗜好が反映されることが多いため、必ずしも買い手にとってメリットのあるカスタムとは言えないからです。

 

特に車検の無い250cc以下の車両は凝ったカスタムをされる方が多いですが、査定時のプラス評価になると期待はしない方が良いでしょう。

 

例えばマフラーひとつをとってみても音質や形状、パーツメーカーの好みなどは人それぞれ。好みじゃないパーツがついていても買う側にとっては交換する手間が増えるだけです。

 

マフラーによる印象の違い

 

純正パーツが残っているのなら、一度純正に戻して、パーツは別のルートで売却すればトータルの売却価格は高くなります。マフラー、バックステップ、カウル等それなりの価格で買い取ってくれます。

 

次にバイクは転倒する乗り物ですから、乗っていく内に傷が付き易いです。特にフルカウル車のカウルは修理しようとすると高く、放置してしまいがちですが、こういった傷はマイナスポイントとなります。

 

極力目立つ傷は無くし、フェンダーやカウルの泥汚れ、ホイールに食い付いたブレーキダスト、エンジンの汚れ等も綺麗に落としてから持ち込むようにしましょう。

 

バイク王を利用して分かった本当の口コミ